WILD TURKEY BOURBON

What is Wild Turkey ?

BRAND POLICY ブランドポリシー

妥協しない、変わらない。
正々堂々のバーボンづくり。

香り高く、味わい深く
仕上げる秘けつ。

それはより低いアルコール度数で蒸溜し、樽詰めすることだ。バーボン法が規定する蒸溜時のアルコール度数は80%以下だが、ワイルドターキーでは60~65%に抑えている。また同法によると樽詰め時はアルコール度数62.5%以下とされるが、ワイルドターキーでは54~55%にとどめるのが通例である。なぜなら、蒸溜するときのアルコール度数をあまり高くしすぎると、原料が持っている香り豊かなフレーバーが失われてしまうからである。たとえその分熟成によって原酒の分量が減ったとしても、変えることのできないワイルドターキーのバーボンづくりの真髄だ。

香り高く、味わい深く仕上げる秘けつ。

最低限の加水量で活かす
鮮烈な風味。

樽詰めするときと製品になったときのアルコール度数の差は少ないほどいい。それだけボトリングするときの加水量を少なく抑えられるからだ。熟成段階では、気温が高くなると樽の中の原酒は膨張し、樽材に浸透していく。そして気温が下がると樽の繊維から染み出てくる。季節はもちろん昼夜の気温差も大きいケンタッキーでは、その繰り返しによって原酒に樽材からの影響をより多く与えられる。ワイルドターキーが大切にしている蒸溜時と樽詰め時の低いアルコール度数のおかげで加水量が減らせ、熟成時に形成された繊細で豊かな風味をのこすことができるのだ。

最低限の加水量で活かす鮮烈な風味。

1樽15ケース。
高品質を守るこだわり。

ワイルドターキー蒸溜所では、代々受け継がれてきた独自のポリシーがある。その一つが、1樽から製造する製品を約15ケース程度にしている点だ。一般的な蒸溜所では、1樽につき約20ケース程度を製造することが多いとされている。蒸溜と樽詰めの段階でアルコール度数を低く抑えているワイルドターキーは、多くのケースをつくることではなく、素材が生みだす本来の味わいと風味を保つことをなにより優先している。製造にかかるコストが割高になるのは仕方がない。それよりもバーボンを愛するファン一人ひとりのグラスに届く味わいに妥協することを許さないのだ。それがワイルドターキー蒸溜所のこだわりであり、誇りにもなっている。

1樽15ケース。高品質を守るこだわり。
ワイルドターキーの誕生秘話 ハンティングから生まれた伝説のブランド

蒸溜所オーナーのトーマス・マッカーシーはアメリカ原産の鳥「七面鳥」のハンティングに出かける際、貯蔵庫から1本のバーボンを持参。そのバーボンは好評を得、七面鳥狩りにちなみ、狩り仲間の1人がワイルドターキーと呼び始める。マッカーシーはそのユニークなニックネームが気に入り、後にブランド名へとなる。

「ワイルドターキーの誇りと魂」

再生時間 1分36秒

数あるバーボンブランドの中で、とりわけワイルドターキーが
「こだわりのケンタッキーバーボン」と呼ばれるのはなぜか。
その答えは、ワイルドターキーの誇りと魂を伝えるブランドストーリーが教えてくれる。

このページをシェアする

Next contents 味わい深まるワイルドターキーの歴史。

ページトップへ